« 揺れる心 | トップページ | 少しずつ »

2024年6月 1日 (土)

『水車小屋のネネ』

Img_8882

タイトルの本をオーディブルで聴いてます。オーディブルとは月1500円払って人気の本から昔の本までアプリ内で取り扱ってる本の朗読が聴き放題。そんなサービス。

読むのも勿論なんですが、私は走ったり、仕込みしたり、なんやかんや動いてて落ち着いて本を読む時間がなかなかとれないし、最近小さい文字みにくいのでオーディブル大活用。めちゃくちゃ聴きまくっています。

そこで今聴いてる『水車小屋のネネ』がいい。毎日毎日のいえば短調かもしれないそんな生活を自分の身におきた境遇さておき、出会う人たちとの関係を静かに静かに生活に織り込んでいき暮らす市井の人たちの話。

そこで出てきたとある登場人物の言葉に惹かれた。「自分がもとから持っているものは多分何もなくてそうやって出会った人が分けてくれた良い部分で、自分は多分生きている。...』

私めちゃくちゃ共感しました。私も日々ラソスで会うお客様皆様との関係を生活に織り込んでて、出会うお客様たちの分けてくれたいい部分で生きてる。多分。

逆に私も私とラソスに関わる皆様にそんなふうに思ってもらえたら〜

とても心地よさそうやんね。

言葉にできない自分の思いとの出会いがあるから本は楽しいね。読書できない方々にはオーディブルおススメかも!?

« 揺れる心 | トップページ | 少しずつ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 揺れる心 | トップページ | 少しずつ »