« 6月のお花 | トップページ | 兆し »

2024年6月 8日 (土)

本に心奪われてます

Img_8929

最近めっきりオーディブルな私ですが、『上流階級』って本にどはまり。1巻〜今4巻目です。

デパートの外商のこと、上流階級の方々のことを垣間見れるのもあるけど、そこで働く主人公と彼女とりまく人々とのお話。会社で『働くこと』を思い出します。

私は製造業の会社で働かせてもらったんやけど、その頃のこと思い出す。そこで働いたことが今活かされてる?!?気もする。いや、そこだけでないかな、学生の時のバイト先の方々に教わったこと覚えてる言葉ってあってそれらが今の私を作ってる。

そうそう、パン屋でバイトしたてた時、店長はあんぱんやクリームパン、兎に角中に沢山詰める派で、「なんで?」って聞いたら、「自分がつまみ食いする時に少ないとがっかりするやん」って言うてはって、自分が『こういうものがいいよね』と納得できるものを提供する大切さを学んだかな〜。その当時は笑って聞いてたと思うけど残ってるんですよね、私の記憶に強烈に。

『上流階級』の本の内容全然書いてないけど、これきっかけで思い出したことまた書くと思います。

« 6月のお花 | トップページ | 兆し »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月のお花 | トップページ | 兆し »